知って安心!収入・お仕事の中身

イベントコンパニオンについてはそれぞれイメージがあると思いますが、待遇や働き方について詳しく知っているという方は少ないのではないでしょうか? 「日給でどのくらいもらえるの?」「大変な仕事が多いのかな?」というような不安を抱えている方も多いかもしれません。なんとなく知っているようで、実は知らないイベントコンパニオンの収入や詳しい仕事内容をご紹介します。

働き方それぞれ、3人の収入例

イベントコンパニオンとして働くスタイルや頻度の異なる3人の女性の収入例を紹介します。自分のスタイルに合わせて働ける点もイベントコンパニオンの魅力です。

柏原りささん(23歳)
自己紹介 平日は派遣事務。予定の入っていない休日を利用して働いています。
月収 3~5万円
1ヶ月の稼働日数 平均3日くらい
イベントコンパニオンを
やってみて
一人暮らしがしたくて、引越し資金の足しとするために休日を利用して、イベントコンパニオンをすることにしました。普段はデスクワークなので、立ち仕事に不安もありましたが、休憩時間もたっぷりあるので平気でした。引越し資金を貯めることはできましたが、イベントコンパニオンの仕事は今後も続けようと思っています。
斉藤友恵さん(20歳)
自己紹介 都内の大学2年生。公認会計士を目指していて、勉強の毎日です。
月収 6~10万円
1ヶ月の稼働日数 5~8日くらい
イベントコンパニオンを
やってみて
大学の勉強やサークルで忙しく、毎週決まった日数や曜日にアルバイトをするのが難しい状況でした。イベントコンパニオンは、自分のスケジュールに合わせてお仕事を入れることができるので、すごく助かっています!
松尾静香さん(26歳)
自己紹介 イベントコンパニオン6年目。最近はイベント運営にも興味を持っています!
月収 25~35万円
1ヶ月の稼働日数 20~22日くらい
イベントコンパニオンを
やってみて
長く続けられるのは、やっぱり楽しいからですね! いつの間にか大ベテランになっていました(笑) 現場でいろいろな人と接し、協力してイベントを成功させていく過程がすごく好きです。今後は運営のことも勉強して、ステップアップしたいと思っています。

現役イベントコンパニオンのぶっちゃけ対談!

副業で、アルバイトで、本業で……現役のイベントコンパニオンとして、それぞれのスタイルで活躍する3人に、実際に働いてみて感じたことなどを率直に語り合ってもらいました!

イベントコンパニオンは「自分を成長させられる仕事」

――イベントコンパニオンのお仕事は立ちっぱなしで大変ですか?

[斉藤]

私の場合は、イベントコンパニオンを始める前にファミレスでアルバイトをしていたので、立ち仕事には慣れていました。しかも、イベントコンパニオンはしっかりと休憩時間が確保されているので余裕です!

[松尾]

よく「長時間高いヒールを履いて大変でしょ?」と言われるのですが、私たちイベントコンパニオンは足が疲れない工夫を各自でしています。中敷きをフワフワのものにしたり、休憩時間に足用のリラックスシート貼ったり……

[柏原]

その工夫! 私も初めて入ったお仕事で先輩に教えてもらいました!

[松尾]

イベントコンパニオンの、見られてはいけない努力ココにあり!ってとこね。

――初めてのお仕事は不安でしたか?

[斉藤]

登録後にまずはちゃんと研修があって、言葉遣いから美しい姿勢や立ち居振舞い、発声までを教えてくれたので、不安なくお仕事に行けました!

[柏原]

これって普段の生活にも役立っていますよね。

[斉藤]

そうそう! 私は特に敬語が苦手で、大学の先輩と話すときにおかしな日本語になっていたけど、イベントコンパニオンを始めてからは正しい日本語を話せているもん。

[柏原]

社会にでたら言葉遣いは大切だからね~。でも本当にフィートプロモーションは登録したらいきなり「ポン」って現場に入れられることがないから安心できました。

[斉藤]

私なんて、初めてのオーディションの時、すごく緊張してマネージャーさんに会いに行っちゃっいました。励まされてリラックスできたこと覚えています。

――松尾さんはいかがですか?

[松尾]

昔のこと過ぎて、もう思い出せません(一同爆笑)

――休憩時間や食事はどうしていますか?

[松尾]

交代で取ります。お弁当が支給されたり、近くのコンビニで調達したり、その時によっていろいろですね。あと食券が渡されることもあります。

[柏原]

お弁当が支給されるときは、すごくワクワクします! 今日は何かな~って。

[松尾]

休憩時間の中でここが一番盛り上がる時間だよね!

[斉藤]

確かに。みんなでご飯食べながら、恋バナしたり、雑誌を見ながらかわいい服をチェックしたり。

[松尾]

あと、美容の話もよくするよね! どこの化粧品がいいとか、このサプリメントは効く!とか。このドラッグストアが安い! とかも(笑)

[柏原]

雑誌の特集読むより、みんなの情報聞くほうがためになるから、この時間は大事です。

――イベントコンパニオンをやって変わったことはありますか?

[斉藤]

さっきも話したけど、やっぱり一番身についたのがビジネスマナーですね。言葉遣いとか相手への気遣いとか、普通に学生をやっていたらなかなか覚える機会のないことばかりで、いい勉強になりました。就職活動にも絶対有利だと思うし、周りに対して一歩リードな感じです♪

[柏原]

私も。社会人経験はあるけど、ずっと事務で内勤だったから初対面の人とコミュニケーションをとるのが苦手でした。人前に出ると緊張しちゃって……。でも、マナー研修や実際のお仕事を通して、自分に自信が持てました。

[松尾]

とにかく自分の世界が広がりました。本当にたくさんの人に出会えるし、いろんなイベントに参加できるので、いろんなことに興味を持つようになりました。知り合う人の年代もさまざまだから、話を聞いているだけで新鮮ですしね。仕事をする上で、とてもいい刺激になります。

――これからイベントコンパニオンを始めようと思っている方に向けてメッセージをお願いします。

[柏原]

もし現場で一緒になったら仲良くしてください(笑)

[斉藤]

いろいろなことが身について、自分を成長させられる仕事だと思います。

[松尾]

イベントコンパニオンは、特殊なお仕事なのかな? と思っている方もいるかもしれませんが、そんなことはありません! 明るく元気に、いつも笑顔でお客様に接するお仕事です。始めるとハマリますよ!